2019/08/14 20:07

山崎賢人、18歳の夏の思い出にしみじみ

18歳の夏は「青春をしていました」と語る山崎賢人
18歳の夏は「青春をしていました」と語る山崎賢人

 山崎賢人が14日、文京区の和敬塾で行われた映画『二ノ国』公開直前!夏休みイベントに出席し、18歳の夏に過ごした青春の思い出を振り返った。この日は、山崎とともに新田真剣佑と永野芽郁も登壇した。

 山崎と新田、永野が声優を務めた本作は、レベルファイブの人気RPGを映画化したアニメーション作品。現実の世界と魔法の世界を舞台に、“究極の選択”を突きつけられた高校生たちの物語が展開する。公開を直前に控えるこの日は、3人が演じた劇中キャラクターと同世代となる夏休み中の学生たちが会場に詰め掛けた。

 多くの学生を前に、山崎は自身の青春時代について「何をやっても楽しかったな、という印象です。18歳のときに自動車の免許をとって、そのときも夏だったのですぐに海に行って、花火をしました。青春をしていましたね」としみじみと振り返る。

 そんな山崎とともに、親友同士の高校生に声を吹き込んだ新田。2人は実際にも仲が良く、その関係性が収録にもよい影響を与えたという。山崎は「何の緊張もなく、いい空気感で最高でしたね。知らない人とやるよりもナチュラルなキャッチボールができたと思います」と振り返ると、新田も「今回は(声のみで)画面に映る側ではなかったので、2人ともオフの感じで『じゃあ、やろうか』という感じでできました」と続けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >