2019/08/20 20:00

伊藤健太郎『惡の華』で中学生役に体当たり!

伊藤健太郎、身も心もさらけ出して中学生役に挑む! (C) 押見修造/講談社 (C) 2019映画『惡の華』製作委員会
伊藤健太郎、身も心もさらけ出して中学生役に挑む! (C) 押見修造/講談社 (C) 2019映画『惡の華』製作委員会

 映画『惡の華』で中学生男子を演じた伊藤健太郎。劇中で伊藤は制服姿や体操着姿、裸なども披露しているほか、撮影前から精神的にも役づくりに尽力して演技に臨んでいる。

 累計発行部数300万部を記録する押見修造の人気コミックを原作とする本作は、男子中学生の鬱屈とした青春と行き場のない衝動を描く物語。主人公の春日高男を伊藤、その春日に自分と通ずるものを見出し、執拗につきまとう仲村を玉城ティナが演じる。

 思春期まっただ中の中学生を演じる伊藤は、撮影当時は21歳。伊藤をキャスティングした井口昇監督は「健太郎さんには、中学生の心を忘れないように、ホテルに帰っても中学生っぽいことばかり考えていてくれと言いました。あと、身長が170センチ台なんですけど、なるべく猫背にして、150センチ台に見える芝居をしてください、好きな食べ物はハンバーグ! みたいな人の芝居をしてくださいと言いました」と撮影前に演技指導をしたことを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >