2019/08/26 20:40

パパになるタランティーノ監督、日本のファン550人が祝福!

 タランティーノ監督の4年ぶりとなる新作は、1969年にカルト集団マンソン・ファミリーが起こした女優シャロン・テート殺人事件という史実を軸に、落ち目のテレビ俳優リック(レオナルド)と、彼のスタントマンで親友のクリフ(ブラッド・ピット)の友情と絆を活写する。

 リック役のディカプリオは、「20年以上も日本に来続けているけど、その中でも今日のファンは最高です」と笑顔。長編映画で初共演を果たしたブラッドについて、「彼は俳優として優秀で、人間的にも余裕があって、いろいろ与えてくれる方」と称賛すると、「ロサンゼルスの映画業界で同じ時期に育ち、互いに演じる役を熟知していたから、とてもキャラクターになりきりやすかったよ」と撮影を回顧した。

 さらに、『レヴェナント:蘇えりし者』(2015)に続くアカデミー賞主演男賞獲得に対する考えを問われたディカプリオは、「この映画に携わって一番よかったことは、タランティーノ監督と仕事ができて、リックについて話し合いができたこと。だから、これから先は私に力はないよ。(アカデミー賞受賞は)みなさんに託します」と謙虚な姿勢を見せていた。(取材:錦怜那)

映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は8月30日より全国公開

【関連情報】
【動画】午前中行われた来日記者会見の様子
【画像】タランティーノ監督&ディカプリオ、日本のファン550人の前に登場!
タランティーノ監督、56歳でパパに!妻が第1子妊娠
本人と比較!タランティーノ新作キャスト一覧
『タイタニック』ディカプリオに一度も惹かれなかった…ケイト・ウィンスレットがっかり告白
『スター・トレック』第4弾、製作棚上げか

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >