2019/10/27 06:00

阿部サダヲ&中村勘九郎、主人公2人体制の大河 駆け抜けた1年

「いだてん」第47回より。金栗四三(中村勘九郎)と田畑政治(阿部サダヲ)
「いだてん」第47回より。金栗四三(中村勘九郎)と田畑政治(阿部サダヲ)

 大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(NHK総合・日曜20時~ほか)で、第1部の主人公・金栗四三(かなくり・しそう)と、第2部の主人公・田畑政治(たばた・まさじ)をそれぞれ演じた中村勘九郎、阿部サダヲが、1年にわたる撮影を終えた心境を語った。

 日本人初のオリンピック選手としてストックホルム大会(1912年)に出場し、「箱根駅伝」を創始するなど「日本のマラソンの父」と呼ばれた金栗(中村)と、ロザンゼルス(1932年)、ベルリン(1936年)両大会で、日本水泳陣を大躍進に導き、戦後、初のオリンピックを東京に招致した田畑(阿部)。2人がリレー形式で主人公を務める本作は、東京オリンピック開催(1964年)に至るまでの激動の近現代史を描く。

 中村は撮影を終えた感想を「1年半近く同じ人物を演じるのは、なかなか得られない経験でした。前半と後半で主人公が変わるところは大きな群像劇」だと思った、と語り「特に(田畑が主人公の)第2部で、久しぶりにスタジオに行くと、まだ発表されていない出演者たちが歩いていたりして、以前から出演陣は豪華でしたが、後半もさまざまなジャンルの人が集まって、まるで和製アベンジャーズだな」と感じたという。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >