2019/09/24 10:05

劇団EXILE・小野塚勇人、諦めない力で飛躍

小野塚勇人
小野塚勇人

 特撮ドラマ「仮面ライダーエグゼイド」の九条貴利矢/仮面ライダーレーザー役でブレイクを果たし、来年には所属する劇団EXILE初の全メンバー出演舞台「勇者のために鐘は鳴る」を控えるなど、俳優として確実に歩みを進めている小野塚勇人。樹林伸による同名小説を映画化した『東京ワイン会ピープル』(10月4日公開)では、挫折を味わう若手実業家役にトライした。小野塚自身、「挫折を経験しても諦めなかったことが、僕の強み」と語り、俳優という“本気”になれる道を見つけられたのは、もがいてきた時間があるからだという。

 ワイン会に参加した女性・桜木紫野が、愛好家たちとの交流を通して、その魅力に気づいていく姿を描く本作。乃木坂46の松村沙友理が実写映画初主演で紫野役を務め、小野塚は紫野が惹かれていく織田一志を演じた。

 今年26歳となった小野塚にとって、「IT社長という役どころは初めてです。第一線でバリバリ働いていて、社員の上に立つ社長という役。僕自身26歳になって、いただく役の幅が広がってきたように思います」と新境地となった織田役。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >