2019/08/30 04:00

木村拓哉の新ドラマ、パリでクランクイン 「GOOD LUCK!!」以来の感覚

10月期TBS日曜劇場「グランメゾン東京」でシェフにふんする木村拓哉 (C)TBS
10月期TBS日曜劇場「グランメゾン東京」でシェフにふんする木村拓哉 (C)TBS

 木村拓哉主演の10月期TBS日曜劇場「グランメゾン東京」(毎週日曜夜9時~)がフランス・パリでクランクイン。三つ星を20年以上獲得し続ける名店「ランブロワジー」を貸し切って撮影を行った。本レストランでテレビドラマの撮影を行うのは世界初。木村は、「連続ドラマの1シチュエーションにここまで時間と費用を割いてモノを作るって本当に久しぶりで、『GOOD LUCK!!』(2003)以来の感覚だなと思っています」と心境を明かしている。

 木村にとって令和初となるドラマで演じるのは、型破りなフランス料理のシェフ・尾花夏樹(おばな・なつき)。かつてパリで名シェフとして腕を振るいながら、己の慢心から招いた事件によって店も仲間も失いどん底に落ちた彼が、女性シェフ・早見倫子(はやみ・りんこ/鈴木京香)と出会い、世界最高の三つ星レストラン「グランメゾン東京」を作り上げるべく奮闘する。

 「ランブロワジー」で撮影されたのは、木村演じる主人公がパリに自分の店を持ち二つ星を獲得していた頃のシーン、そしてある事件によって全てを失った彼がシェフの倫子と出会うシーン。木村にとって、「ランブロワジー」の花形である肉部門のシェフを務める日本人男性・吉冨力良氏との出会いは印象深かったという。23歳で単身フランスに渡った吉冨氏の生きざまや料理に対する姿勢に感銘を受け、撮影の合間に厨房で料理の演技に関して手ほどきを受け、さまざまな知識を学んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >