2019/09/01 08:15

尾上克郎、大河「いだてん」で関東大震災を描く葛藤

第24回「種まく人」より (C)NHK
第24回「種まく人」より (C)NHK

 NHK大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」(総合・日曜20時~ほか)で、VFX(視覚効果技術)スーパーバイザーを務める尾上克郎。最新VFXを駆使した本作について「この歳になって、こんな初めて尽くしの経験があるとは思わなかった。今まで日本ではやられていなかった新しい試みをしていることは間違いないと思います」と制作過程を振り返った。

 オリンピックをテーマに明治・大正・昭和を駆け抜ける本作。現在放送中の第2部は、主人公を第1部の日本で初めてオリンピックに参加したマラソン選手・金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)から田畑政治(たばた・まさじ/阿部サダヲ)にバトンタッチ。新聞記者ながら、日本水泳チームを束ね世界レベルに引き上げた田畑は、ロサンゼルス、ベルリン・オリンピックを経て、1964年の東京オリンピック招致に奔走する。インタビューには、チーフ演出の井上剛、VFXプロデューサーの結城崇史も同席した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >