2019/09/01 12:08

『ロケットマン』驚きのラストシーン誕生秘話!デクスター・フレッチャー監督インタビュー

エルトン・ジョンにふんしたタロン・エジャトン (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
エルトン・ジョンにふんしたタロン・エジャトン (C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.

 デクスター・フレッチャー監督が来日時にインタビューに応じ、映画『ロケットマン』の印象的なラストシーンの誕生秘話を明かした。(以降『ロケットマン』のラストに触れているので、鑑賞後にお読みください)

 『ロケットマン』は、スターダムにのし上がっていく歌手エルトン・ジョンの狂乱の日々を基にしたミュージカルファンタジー。リハビリ施設を訪れたエルトンが自身の半生を振り返る形で、ピアノの神童だったものの両親からは愛されなかった幼少期から、自身のセクシャリティーへの悩み、そしてアルコールやドラッグに溺れたダークな部分まで描き切っている。

 それでも自分自身と向き合ってドラッグなどを断つことを決め、「僕はまだ立っている!」と名曲「アイム・スティル・スタンディング」をリハビリ施設の廊下で力強く歌うシーンは感動的だが、演じたタロン・エジャトンはこのシーンは全て即興だと語っていた。フレッチャー監督はその狙いについて、「もちろん、監督してのビジョンはある。ちゃんと準備しておくことは成功への鍵だけど、僕は、俳優をカメラの前に置けば、時に全く予想とは違う魔法みたいなことが起こるということも知っているんだ。もし彼らを励まし、そうしたことが起きうるスペースを与えればね」と切り出す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >