2019/09/05 04:00

SPECサーガついに完結!ファンにはたまらない方向へ

 堤監督は「『ケイゾク』からご覧になってくださっている方には、たまらない方向に進むと思います」と明かすと、木村も「この作品がクライマックスと言われるゆえんは、シリーズ20年間の歴史、出会いと別れがあること。それに向き合う私たちは辛いなと思うこともありましたが、広げた風呂敷はしっかり回収しています。これが最後というよりは、走馬灯のようにこれまでを思い出させる話になっています」と胸を張った。

 本作は3部作の“最終抄”と銘打たれているが、木村は最後だと思ってやっていないと明かし「最後かもしれないし、そうじゃないかもしれない」と出演者もまだどうなるかかわからないといった様子。堤監督も「何も言えないですね」と明言は避けつつ、「皆さまが続けろとおっしゃってくれれば、続けられるかも」と期待をあおった。

 そんななか木村は「『厩乃抄』の撮影のとき、(御厨)静琉が弱みを見せることで、高座との絆が強くなり、前に進める感じがしました。それは普段の人間関係でも言えるのかな」と3部作を通して御厨を演じながら新たな気づきがあったことを明かすと、松田も「ほかの映画やドラマで味わったことがないような男女の関係を、御厨と高座で味わえたような気がします。大義に向かって一緒に正そうとするポジティブな感じは初体験でした」と自身にとって高座という役が特別だったと語っていた。(磯部正和)

【関連情報】
【画像】可愛い!木村文乃、黒ドレスでイベント登場
「ケイゾク」シリーズいつ尽きるかわからない!堤幸彦監督の思い入れ
戸田恵梨香&加瀬亮、「SPEC」シリーズへの熱い思い
「SPEC」シリーズに「ONE PIECE」「ジョジョ」「童夢」の影響!
松田翔太、カブトムシをめぐる哀川翔との感覚のズレに困惑
「池袋ウエストゲートパーク」TVアニメ化!放送は2020年

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >