2019/09/05 17:27

吉岡里帆、高杉真宙を高校生だと勘違い

吉岡里帆(左)に高校生だと思われていた高杉真宙(右)
吉岡里帆(左)に高校生だと思われていた高杉真宙(右)

 吉岡里帆が5日、秋葉原UDXで行われた映画『見えない目撃者』ティーン女子限定試写会に来場し、本作で共演した現在23歳の高杉真宙を高校生だと思っていたことを告白した。

 本作は、交通事故によって視力を失った元警察官の浜中なつめ(吉岡)が、事故現場にいた国崎春馬(高杉)とともに誘拐事件の解決に挑む姿を描いた物語。この日はティーン女子限定で試写会が行われたこともあり、興奮冷めやらぬ雰囲気のなか登壇した吉岡は「若い熱気というか、エネルギーを感じられて嬉しいです」と笑顔を見せた。

 視力を失った女性を演じることになった吉岡の芝居に「圧倒されました」と舌を巻く高杉。「芝居は目で感情を伝えることが多いので、それが制限されるのはどんなことなのだろうと思っていたのですが、目のお芝居がなくてもこんなにストレートに伝わるものがあるのかと思いました」と称賛。さらに高杉は、吉岡の尊敬するところについて「めちゃくちゃストイックなところ。僕がお会いした方で一番ストイックだと思う。この役は本当に大変なのですが、そんななかでもいろんな人に気をつかう方で、だからこそ座長の吉岡さんについていこうと思いました」と思いを明かす。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やや身動きがとりにくい日。腰は重いのに、理屈ばかり並べてい...もっと見る >