2019/09/05 04:31

コン・リー&オダギリジョーも登場!ロウ・イエ監督作がベネチアで会見【第76回ベネチア国際映画祭】

映画『サタデー・フィクション』のメンバー Theo Wargo / Getty Images
映画『サタデー・フィクション』のメンバー Theo Wargo / Getty Images

 第76回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されている映画『サタデー・フィクション』(2020年公開)の公式記者会見が現地時間4日にベネチアで行われ、『天安門、恋人たち』などのロウ・イエ監督が主演のコン・リーやオダギリジョーらとともに出席。キャスト陣への感謝の思いとともにロウ監督が作品について語った。

 本作は太平洋戦争が勃発する直前の上海を舞台にした愛と謀略の物語。ディズニーによる名作アニメーションの実写版『ムーラン(原題) / Mulan』にも出演する中国を代表する女優コンが、諜報員という裏の顔を持つ女優の主人公を熱演しており、日本からはオダギリ、中島歩も参加した。

 世界各国の諜報員が暗躍していた頃の魔都・上海が舞台となっていることから、全編が白黒で映し出される今作には中国語が中心になりつつもフランス語、英語、日本語のセリフが飛び交う。

 撮影中や撮影終了後も言語に関するサポートをかなり受けたというロウ監督は「撮影が終わってからの編集作業の段階で、映画の中にある異なる言語のバランスの取り方の難しさを痛感しました。しかし、最後はバランスを取ることができました」と話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >