2019/09/06 05:00

城桧吏「都会のトム&ソーヤ」実写化で映画初主演

映画初主演を務める城桧吏 (C) 2019マチトム製作委員会
映画初主演を務める城桧吏 (C) 2019マチトム製作委員会

 はやみねかおるのベストセラー児童小説「都会のトム&ソーヤ」が、『万引き家族』の城桧吏主演で実写映画化されることが明らかになった。2020年春に撮影、2020年夏に全国公開される予定で、城は本作で映画初主演に挑む。

 「都会のトム&ソーヤ」は、どんな状況も切り抜けられるサバイバル能力に長けた内藤内人と、学校始まって以来の天才といわれる一大財閥“竜王グループ”の御曹司・竜王創也によるデコボコ中学生コンビが、“究極のゲーム”を作るため都会の様々な場所を舞台に推理と冒険を繰り広げる物語。現在シリーズ16巻まで発売され、シリーズ累計180万部突破、「小・中学生で知らない子はいない」と言われる程の絶大な人気を誇る作品だ。

 そんな本作の主人公・内藤内人役に抜てきされたのは、カンヌ国際映画祭で最高賞のパルムドールに輝いた映画『万引き家族』で息子・祥太役を務め、NHK大河ドラマ「西郷どん」では西郷隆盛の息子を演じるなど活躍が続く注目株・城桧吏。小学生の頃に原作を読んだことがあったという城は、「まさか、この本の主人公、内藤内人役に自分がなれるなんて思ってもいなかったので、出演させて頂く事が決まって、とても驚き、とても嬉しく思っています」と喜びを語ると、「初めて主演をさせて頂くので、少し不安でドキドキですが、皆様の期待に応えられる様に頑張ります!」と意気込みを見せた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >