2019/09/08 17:00

タル・ベーラの7時間超え作品本編映像 製作から25年で劇場初公開

7時間越えの本編に対して、カット数は約150!(写真は映画『サタンタンゴ』より)
7時間越えの本編に対して、カット数は約150!(写真は映画『サタンタンゴ』より)

 『ニーチェの馬』『ヴェルクマイスター・ハーモニー』などを手掛けたハンガリーの鬼才タル・ベーラ監督が、1994年に発表した上映時間7時間18分の映画『サタンタンゴ』より、約4分間の本編映像が公開。長回しで撮影された、男たちの歩く後ろ姿などが見られる。

 原作は、ハンガリーの小説家クラスナホルカイ・ラースローの同名小説。経済的に行き詰まったハンガリーの小さな村を舞台に、死んだはずの男性イリミアーシュが村に戻ってきたことで戸惑う村人たちの姿を描く。製作から25年が経過している本作は、高画質の4Kデジタル・レストア版として、日本で劇場初公開される。

 全編を通して長回し撮影が採用されている本作。映像の前半は、強風の中を男性二人が歩くおよそ1分50秒のワンシーンを切り取ったもので、枯れ葉や紙くずが舞う道をひたすら歩き続ける二人の姿が印象的である。また後半部分は、村へ戻ったイリミアーシュの一人語りシーンの一部が収められており、長ゼリフに挑んだイリミアーシュ役のヴィーグ・ミハーイの姿が映し出される。

 ベーラ監督がラースローと共に脚本を執筆した本作は、『ヴェルクマイスター・ハーモニー』のホルヴァート・プチ、『倫敦(ロンドン)から来た男』のデルジ・ヤーノシュ、『悪童日記』のB・ミクローシュらがキャストに名を連ねている。(編集部・倉本拓弥)

映画『サタンタンゴ』は、9月13日よりシアター・イメージフォーラム、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて全国順次公開

【関連情報】
【動画】長回しに注目!映画『サタンタンゴ』本編映像
完成後に自殺…約4時間の大作が日本公開
テレンス・マリックの新作、来年2月公開 ナチスに抗い殉教した農夫の生涯
セルジオ・レオーネ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト』2時間45分版が日本公開
主演男優の死から全書き直し ガス・ヴァン・サント、20年越しの入魂作語る
3時間半ほぼ尻のクローズアップの映画、カンヌで途中退席者が続出…監督「気にしない」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >