2019/09/08 05:05

親友のためにどこまでできるか…究極の友情を描いたケイシー・アフレックら出演作がお披露目【第44回トロント国際映画祭】

ガンに侵されたニコール役のダコタ・ジョンソン Courtesy of TIFF
ガンに侵されたニコール役のダコタ・ジョンソン Courtesy of TIFF

 現地時間6日夜、第44回トロント国際映画祭でガンに侵された妻とその夫、そして全てを犠牲にして彼らを支え続けた親友の姿を描いた映画『ザ・フレンド(原題) / The Friend』 のワールドプレミアが行われた。夫婦役のケイシー・アフレック(『マンチェスター・バイ・ザ・シー』)&ダコタ・ジョンソン(『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』)、彼らの親友役のジェイソン・シーゲル(『ザ・マペッツ』)の演技とケミストリーが光る感動作だ。

 マシューとニコールのティーグ夫妻と、彼らの親友デインの15年にわたる関係を描いた本作。ニコールがガンと診断された時、彼女の看病と2人の娘たちの世話で押しつぶされそうになっていたマシューを見兼ねて、デインは住み込みでのサポートを申し出る。一時的なつもりで始めたことだったがその期間は1年、2年と延びて、デインは自身の仕事や恋人を犠牲にすることに……。マシュー・ティーグ本人がEsquire誌に寄稿した2015年の体験記を、女性監督ガブリエラ・カウパースウェイトが映画化した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >