2019/09/17 06:15

抜てき続く注目美女!恒松祐里が三浦春馬にもらったアドバイス

1998年10月9日生まれ、現在20歳の恒松祐里
1998年10月9日生まれ、現在20歳の恒松祐里

 近年、出演作が相次ぐ若手女優の恒松祐里。演じる役柄もクールビューティーなルックスを生かしたものから、イメージをひっくり返すようなぶっ飛んだ役まで多岐に渡る。最新作『アイネクライネナハトムジーク』では、群像劇の旗手である今泉力哉監督のもと、思春期に揺れる多感な少女を好演した。いま最も注目の若手女優と言っても過言ではない恒松が、作品の魅力や三浦春馬にもらったアドバイス、これまでの女優人生を振り返った。

 恒松が演じる美緒は、矢本悠馬演じる一真と、森絵梨佳ふんする由美の間に生まれた“生意気”な娘。上から目線でうんちくを語るが、行動と言動が伴っていない父親にうんざりし、反抗しつつも、どこかで憎めずにいる姿が意地らしくも可愛らしくも感じる女の子だ。「お父さんと言うとどっしりしたイメージがありますが、美緒と一真は兄妹みたいな親子。わたしのお家も、父親はちょっと変わっているので、お兄ちゃんみたいな感じなんです。自分の実生活に近かったので、自然に演じることができました」と笑顔を見せる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >