2019/09/14 20:02

岡山天音、the pillowsとの出会いに感謝!単独初主演映画が公開

『王様になれ』が公開を迎えた the pillows 山中さわお、岡山天音、オクイシュージ監督
『王様になれ』が公開を迎えた the pillows 山中さわお、岡山天音、オクイシュージ監督

 俳優の岡山天音が14日、シネマート新宿で行われた映画『王様になれ』公開記念舞台あいさつに、ロックバンド「the pillows」(ザ・ピロウズ)のボーカル・山中さわお、オクイシュージ監督と共に出席した。本作が、長編映画単独初主演となった岡山は「人生で一度しかない機会が、ピロウズさんの記念すべき作品で良かった」と感無量な表情を浮かべていた。

 日本のロックシーンにおいて、熱狂的なファンとミュージシャンたちから絶大な支持を集める the pillows 結成30年プロジェクトとして制作された本作。ボーカル・ギターの山中が原案を担当し、ドキュメンタリーではなく、the pillows 好きの男の子を主人公に物語を紡いだ。
 
 劇中には、ロックバンドGLAYのTERUやJIRO、STRAIGHTENERのホリエアツシ、ナカヤマシンペイ、日向秀和ら豪華ミュージシャンたちもゲスト参加しており、山中は「気持ちを知りたいので、事務所を通す前に、直接本人たちに会ったりメールをしました。割と二つ返事で出演OKしていただきまして、TERUくんに至っては、丁寧に長い文章でメールしたら、すごいスピードで『やったー銀幕デビューだ!』って軽いメールが来ました。GLAYってこんなに簡単なんだって思いました」とジョーク交じりに裏話を披露して客席を盛り上げる。
 
 そうそうたるミュージシャンたちが登場するなか、ライブカメラマン・神津祐介役として主演を務めた岡山。「(ミュージシャンとして)本職でバリバリやっているなか、お芝居もできるなんてズルイ! モニター越しに観ていたのですが、本当に皆さん華がある。『自分は薄いな』と劣等感を感じてしまいました」とやや自虐的に撮影の感想を述べていたが、山中は「自分が言うのもなんですが、お芝居がすごく上手い方。それに僕の若いころに似ているんです。すごく愛着があります」と愛らしい視線を送っていた。
 
 the pillows の魅力を聞かれた岡山は「一番ビビッと来たのは歌詞です。映画のチラシにも入っていますが『昨日まで選ばれなかった僕らでも、明日を待ってる』(ハイブリッドレインボウ)とか、すごい力がありますよね」と回答。オクイシュージ監督は「原案に挙がっていた曲はありましたが、全部で300曲以上のなかから選曲しました。相当困難な作業でした」と生みの苦しみを語っていた。
 
 岡山にとって本作が、長編映画での単独初主演となる。「個人的に、一生に一度しかない機会が、the pillows さんの記念すべき節目に作られた作品だったことが嬉しい。皆さんにとっても、節目のときに見返したくなるような映画になってくれれば」と作品に思いを馳せていた。(磯部正和)

お詫びと訂正:初出時の登壇者名の一部に誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

【関連情報】
GLAYのTERU・JIROもゲスト出演!『王様になれ』予告編
岡山天音、the pillowsファンの歓迎に感激「あったかい」
竜星涼&岡山天音、高畑充希主演「同期のサクラ」参戦!
『人間失格 太宰治と3人の女たち』など注目作7選!
中条あやみ「宇宙人を見た」 予期せぬ言葉に観客ビックリ
有村架純、坂口健太郎から「安心していられる」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >