2019/09/16 05:30

三宅弘城、大河に見る“大人計画組”の力

「いだてん」で頑固な足袋職人・黒坂辛作を好演する三宅弘城 (C)NHK
「いだてん」で頑固な足袋職人・黒坂辛作を好演する三宅弘城 (C)NHK

 大河ドラマ「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)~」(総合・日曜20時~ほか)で、金栗四三(かなくり・しそう/中村勘九郎)の盟友となる足袋屋店主・黒坂辛作(くろさか・しんさく)を演じる俳優の三宅弘城が、降板したピエール瀧に代わって途中参加することになった難しさや、脚本を担当する宮藤官九郎、第二部主演の阿部サダヲに対する特別な思いについて語った。

 日本人初のオリンピック選手・金栗と、日本にオリンピックを招致した男、田畑政治(たばた・まさじ/阿部)の2人を主人公に、明治から昭和の激動の近現代史を描く本作。三宅演じる辛作は、東京・大塚のハリマヤ製作所の店主で、頑固な足袋職人。金栗が偶然、彼の足袋を履いて長距離走で優勝したことがきっかけで、「マラソン足袋」の開発に金栗と二人三脚で取り組むことになる。

 まず、辛作役のオファーがきた時の率直な感想について「みなさんご存知のように、突然この話が来て、短い期間でたくさんのシーンを撮影しなければならなかったので、やはり大変でした」と振り返る。しかし「自分にはMっ気があるのか、きつい仕事にやりがいを感じるし、役者として監督の要望に『できない』とは言いたくないんです」と、演じる辛作と同様の頑固な役者魂をのぞかせる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仲のいい友達に囲まれて、平凡だけど幸せ気分。困っている人が...もっと見る >