2019/09/18 14:19

『キングスマン』最新作、来年2月に日本公開!

最新作は“キングスマン”誕生の物語! -『キングスマン:ファースト・エージェント』ティザーポスター (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation
最新作は“キングスマン”誕生の物語! -『キングスマン:ファースト・エージェント』ティザーポスター (c)2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

 映画『キングスマン』シリーズ最新作が、『キングスマン:ファースト・エージェント』の邦題で2020年2月に全国公開されることが決定した。

 『キングスマン』は、不良少年のエグジー(タロン・エジャトン)が世界最強のスパイ組織「キングスマン」のハリー(コリン・ファース)に見いだされ、一流のスパイになっていくさまを描いたアクション。1作目は全世界興行収入4億1,435万1,546ドル(約455億円)の大ヒットを記録しており、2017年に2作目『キングスマン:ゴールデン・サークル』が製作された。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 最新作『ファースト・エージェント』はシリーズの前日譚となる作品で、「キングスマン」誕生の物語を描く。第1次世界大戦勃発の危機の中、一人の男が高貴なる義務のために立ち上がる。シリーズ2作品に引き続き、マシュー・ヴォーン監督がメガホンを取り、『ハリー・ポッター』シリーズのレイフ・ファインズ、海外ドラマ「TRUST」のハリス・ディキンソンがキャストに名を連ねる。

 本作の世界観が垣間見える予告編では、「かつて我々は悪党だった」という意味深なセリフも登場。ポスタービジュアルは、「始まりも、超過激」というキャッチコピーが印象的な仕上がりとなっている。

 なお本作とは別に、エグジーとハリーが登場する『キングスマン:ゴールデン・サークル』の続編となる新作の制作も進行中だ。(編集部・倉本拓弥)

【関連情報】
“キングスマン”誕生の物語『キングスマン:ファースト・エージェント』予告【動画】
『キングスマン』原作者、堺正章を語り出す
タロン・エジャトンの素顔はエグジーよりエルトンに近い!『キングスマン』監督が明かす
『キングスマン』第3弾、脚本はまもなく完成!エグジー&ハリーの物語の完結編
『キック・アス』リブート&スピンオフ企画が進行中!
コリン・ファース、カンバーバッチ、マーク・ストロング出演!緊迫感がすごい『1917』初予告

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >