2019/09/18 16:00

稲垣吾郎、2年連続!主演映画がコンペ出品【第32回東京国際映画祭】

『ばるぼら』 (C) Barbara Film Committee
『ばるぼら』 (C) Barbara Film Committee

 来月28日に開幕する第32回東京国際映画祭のコンペティション部門に、日本から稲垣吾郎主演で手塚治虫の異色漫画を映画化する『ばるぼら』と、濱田岳と水川あさみが夫婦役で共演する『喜劇 愛妻物語』の2作品が選出されたことが明らかになった。稲垣は昨年も主演映画『半世界』が同部門に出品されている。

 『ばるぼら』は手塚治虫が1970年代に禁断の愛とミステリー、芸術とエロス、スキャンダル、オカルティズムなどさまざまなタブーに挑戦した問題作を、息子の手塚眞監督が実写化。香港の巨匠ウォン・カーウァイ作品で知られるクリストファー・ドイルが撮影監督を務め、稲垣と二階堂ふみが共演する。

 『喜劇 愛妻物語』は『百円の恋』で日本アカデミー賞最優秀脚本賞に輝いた足立紳が自身初の自伝的小説を、自ら監督・脚本を務めて映画化した作品。うだつのあがらない脚本家の夫を濱田、その夫を罵倒し続けながら家計を支える妻を水川が演じる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >