2019/09/26 18:42

稲垣吾郎の『ばるぼら』も上映!今年の見どころは?【第32回東京国際映画祭】

会見に登壇した脚本家の中島かずき、山田洋次監督、手塚眞監督、足立紳監督
会見に登壇した脚本家の中島かずき、山田洋次監督、手塚眞監督、足立紳監督

 10月28日から開催される第32回東京国際映画祭(以下、TIFF)のラインナップ発表記者会見が26日、六本木アカデミーヒルズで行われ、その概要が明らかになった。

 日本で唯一の国際映画製作者連盟公認の国際映画祭となるTIFFは1985年に誕生。今回で32回を数える。今年のコンペティション部門は世界各国から応募があった作品の中から厳選された14本を上映。日本からは、手塚治虫の異色漫画を稲垣吾郎、二階堂ふみ出演で映画化する『ばるぼら』と、濱田岳と水川あさみが夫婦役で共演する『喜劇 愛妻物語』の2作品が選出された。

 手塚治虫生誕90周年を記念し、息子の手塚眞監督の手で映像化された『ばるぼら』は、売れっ子作家の小説家・美倉が、自堕落な生活を送るばるぼらと出会うことから体験する愛と狂気の物語。タブーに挑んだエロティックでスキャンダラスな世界観で「映画化不可能」と呼ばれた作品を映像化している。

 手塚監督も「実は二人(稲垣、二階堂)の出演が決まるまで、たくさんの俳優にオファーしたんですが、その中で二人がやりたいと言ってくれた。彼らの勇気に感謝しています」と晴れやかな顔を見せると、「二人とも体を張ってやってくれたし、役になりきってくれた。監督としてこの二人で良かったなと思います」と絶賛した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >