2019/09/24 06:15

麻生久美子「時効警察」で自由な表現 三木聡監督が生む想像の斜め上を行く面白さ

「時効警察はじめました」で12年ぶりに三日月しずかを演じる麻生久美子(右) (C)テレビ朝日
「時効警察はじめました」で12年ぶりに三日月しずかを演じる麻生久美子(右) (C)テレビ朝日

 女優の麻生久美子が、オダギリジョー主演のコメディードラマ12年ぶりの続編となる「時効警察はじめました」(10月11日スタート、テレビ朝日系・毎週金曜夜11:15~※一部地域を除く)で、警察署の交通課に所属するヒロインの三日月しずかを続投。当たり役となった三日月を12年ぶりに演じる心境、そして自身のコメディエンヌとしての才能を開花させた三木聡監督の手腕を「自分でコメディエンヌとは自覚してはいないですけど、自分の知らない一面を引き出してくれたのは間違いないですし、恩人であることには変わりはありません」と振り返った。

 第1作「時効警察」は2006年に、第2作「帰ってきた時効警察」は2007年に放送。総武警察署の時効管理課に所属する霧山が、時効になった事件を“趣味”で解決していくさまを、シュールな笑いを交えて描くミステリーで、毎回、霧山が真相を口外しない約束として犯人たちに「誰にも言いませんよ」カードを渡して幕を閉じるのがお約束。麻生演じる三日月は霧山の相棒となるポジションで、密かに霧山に思いを寄せており、食いしん坊でおっちょこちょいというコミカルなキャラクターが人気を博した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >