2019/09/30 17:50

ギスギスしていた『ワイルド・スピード』キャスト、ついに和解か

ヴィン・ディーゼル(右から4番目)とドウェイン・ジョンソン(右から3番目) - 画像は映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』(第6弾)より Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
ヴィン・ディーゼル(右から4番目)とドウェイン・ジョンソン(右から3番目) - 画像は映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』(第6弾)より Universal Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ワイルド・スピード』シリーズのドウェイン・ジョンソン(ホブス役)とヴィン・ディーゼル(ドミニク・トレット役)がついに和解したようだ。ドウェインが現地時間28日、ヴィンへの感謝のメッセージ動画をInstagramに投稿して話題になっている。

 ドウェインとヴィンの不仲が広く知られることになったのは、シリーズ第8弾『ワイルド・スピード ICE BREAK』(2017)の撮影中。ドウェインが、撮影現場でプロ意識に欠ける振る舞いをしていたというヴィンを「チキン野郎」と公然と批判し、他のキャストも巻き込んだ騒動に発展した。その後も、ドウェインが自身を主役にしたスピンオフ映画『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)を進めたために、本家シリーズ第9弾が公開延期になったとして、ヴィン派のタイリース・ギブソン(ローマン役)が「おまえが『ワイルド・スピード』ファミリーを引き裂いた」とドウェインを裏切り者扱いするなど関係は悪化し、シリーズ第9弾にはドウェインは出演しないことになっていた(※ドウェインはスケジュールの都合だと説明している)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >