2019/10/01 11:00

原由子「少年寅次郎」でドラマの語り初挑戦

「少年寅次郎」の語りを担当する原由子
「少年寅次郎」の語りを担当する原由子

 ファンから“原坊”の愛称で親しまれるサザンオールスターズの原由子が、19日よりNHKで放送が始まる井上真央主演の土曜ドラマ「少年寅次郎」でドラマの語りに初挑戦することが明らかになった。以前から寅さんの大ファンだという原は「このような大役を仰せつかりまして、とても緊張していますが、みなさんに楽しんでいただけますように精一杯頑張ります!」というコメントを発表している。

 「少年寅次郎」は山田洋次監督の映画『男はつらいよ』シリーズに登場する車寅次郎の、育ての母・光子(井上)を主人公にしたドラマ。寅さんの少年時代に焦点を当て、寅さんが最愛の妹さくらに見送られて葛飾柴又の駅から旅立つ14歳までの物語を描く。山田監督の小説「悪童 小説 寅次郎の告白」が原作となり、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」などの岡田惠和が脚本を担当している。

 岡田とともに柴又を訪れ、どんな声がこのドラマにはふさわしいのか江戸川を眺めながら想像したという「少年寅次郎」の制作統括・小松昌代は「その時うかんだ原さんのお名前に、最強の味方を得たような気持ちになり、夕方の参道を意気揚々と帰りました。一気に世界が広がりました。他にはいません」と語っている。

 映画『男はつらいよ』の誕生50年のメモリアルイヤーである今年、通算50作目となる新作映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』が12月27日に公開される。原の夫でサザンオールスターズのボーカル・桑田佳祐は同作で主題歌「男はつらいよ」を歌っている。(編集部・海江田宗)

【関連情報】
【動画】映画『男はつらいよ お帰り 寅さん』予告編
山田洋次監督『男はつらいよ』50年前の初日を回想 活気にあふれていた時代
気前良く粋だった渥美清さん 倍賞千恵子、佐藤蛾次郎らタヒチの思い出
寅さんをまた劇場で!『男はつらいよ』4Kデジタル修復版特集上映の作品一覧
山田洋次監督、大泉洋の寅さんは満更でもない「彼なら別の寅さんができる」
『男はつらいよ』新作、今年の東京国際映画祭オープニング作品に!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >