2019/10/03 05:00

最優秀女優賞に蒼井優、前田敦子 第11回TAMA映画賞

昨年の授賞式
昨年の授賞式

 第11回TAMA映画賞の受賞作品、受賞者が3日、発表された。本年度最も活力あふれる作品の監督及びスタッフ・キャストを表彰する最優秀作品賞には、映画『ゲゲゲの女房』などの鈴木卓爾が監督を務めたラブストーリー『嵐電』と、『湯を沸かすほどの熱い愛』の中野量太監督による家族ドラマ『長いお別れ』が選ばれた。最優秀男優・女優賞に山崎努※「崎」は「たつさき」、井浦新、蒼井優、前田敦子。新海誠監督のアニメーション映画『天気の子』、松坂桃李&シム・ウンギョン主演の社会派ドラマ『新聞記者』が特別賞を受賞した。

 映画賞の選考は2018年10月から2019年9月に劇場公開された作品が対象。最優秀作品賞に輝いた『嵐電』は、沿線に東映京都撮影所、松竹撮影所などが並ぶ路面電車・京福電気鉄道嵐山線を背景にした物語。鈴木監督が準教授を務める京都造形芸術大学映画学科の学生と映画のプロが共に制作する劇場公開映画制作プロジェクトとして進められた。井浦新が主演を務め、あがた森魚が音楽を担当している。「誰かの想いをのせて走る嵐電は映画を撮ること、観ること、生活することという確かな手ざわりを夢幻の眼差しでとらえていた」作品として評価された。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >