2019/10/07 09:03

「ぼくのエリ」原作者の衝撃映画、ヒロインのモデルは英国俳優とネアンデルタール人!

『ボーダー 二つの世界』より。税関で働くヒロイン・ティーナ(右)と、不思議な男ヴォーレ (C)(C) Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018
『ボーダー 二つの世界』より。税関で働くヒロイン・ティーナ(右)と、不思議な男ヴォーレ (C)(C) Meta_Spark&Karnfilm_AB_2018

 映画『ぼくのエリ 200歳の少女』の原作者として知られるヨン・アイヴィデ・リンドクヴィストの小説に基づく北欧ミステリー『ボーダー 二つの世界』(10月11日公開)。第91回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされるなど高い評価を受けたキャラクター・ビジュアルの意外なモチーフについて、アリ・アッバシ監督が明かした。

 本作は、類まれな嗅覚を駆使してスウェーデンの税関に勤めるヒロイン・ティーナ(エヴァ・メランデル)が、1人の男との出会いを経て自身の出生の秘密を探り当てていく物語。醜い容貌にコンプレックスを持ち、心の通わない恋人と暮らしながら孤独を抱えていたティーナは、この奇妙な男ヴォーレに本能的な何かを感じ、離れを宿泊先として提供。ヴォーレ(エーロ・ミロノフ)との距離を縮めていく一方で、赤ん坊にかかわる恐ろしい事件に遭遇する。第71回カンヌ国際映画祭で「ある視点」部門グランプリを受賞している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >