2019/10/06 07:05

ラミ・マレック、ダニエル・クレイグにキスされボンドガールになる

ラミ・マレックとダニエル・クレイグ Gilbert Carrasquillo / GC Images / Getty Images, Sony Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
ラミ・マレックとダニエル・クレイグ Gilbert Carrasquillo / GC Images / Getty Images, Sony Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『007』シリーズ最新作『ノー・タイム・トゥー・ダイ(原題) / No Time to Die』で悪役を務めるラミ・マレック(『ボヘミアン・ラプソディ』)が、撮影現場でジェームズ・ボンド役のダニエル・クレイグとキスしたと明かした。

 米CBS局のトーク番組「ザ・レイト・ショー・ウィズ・スティーヴン・コルベア」に出演したラミは、「一番お気に入りのボンド」だというダニエルとの共演シーンを回顧。「僕たちはとても複雑なシーンをやったんだ。素晴らしい監督であるキャリー・フクナガとリハーサルをして、何時間もアイデアを出し合って、最終的にその本当にチャレンジングなシーンをやり遂げた。そうしたらダニエルが僕をつかんで抱きしめて、次の瞬間起きたのは、どちらが始めたのかはわからないけど……まあ、キスしたんだ」と告白した。

 「多分ダニエル主導だったね。僕はすごく驚いたから」と言い直し、司会のスティーヴン・コルベアから「でも歓迎した?」と聞かれると「ええ、とっても」と答えたラミ。「僕は息を整えてから、『これってつまり、僕はボンドガールになったんだよね?』と言ったんだ」と明かして会場を沸かせた。「おめでとう」とコルベアに祝福されたラミは、「僕は悪役でボンドガールなんだ」とまんざらでもなさそうだった。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >