2019/10/09 18:18

市原隼人、給食マニア教師役で5キロ減量「おいしく喉を通るように」

市原隼人、やっぱりハンパない役づくり
市原隼人、やっぱりハンパない役づくり

 俳優の市原隼人が9日、都内で行われたドラマ「おいしい給食」の記者会見に出席し、給食マニアの教師を演じるにあたり、5キロ以上もの減量を行ったことを明かした。この日の会見には、市原とともに共演者の武田玲奈、佐藤大志、豊嶋花、辻本達規(BOYS AND MEN)、酒向芳、綾部真弥監督も来場した。

 本作は、1980年代のある中学校を舞台に、給食マニアの教師・甘利田幸男(市原)と男子生徒・神野ゴウ(佐藤)による、どちらが給食を「おいしく食べるか」という闘いを描いた学園グルメコメディー。

 市原は自身の演じる教師について「枠にはまった教師ではなく、(生徒に)見せてはならない姿を見せてしまう、矛盾だらけの先生。給食のために学校に通っていると言っても過言ではない男です。ぶっ飛んでるんですよ」と笑う。本作では「孤独な男のロマン」も描かれているそうで、市原は「こんなに愛していたはずの給食に知らない世界があったのかという悲劇も、遠くで見ると喜劇になる。唯一無二の新しいエンターテインメントです」とアピールした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >