2019/10/09 07:00

『へレディタリー』監督最新作『ミッドサマー』日本公開決定!新鋭アリ・アスター初来日

太陽が沈まない地で描かれる恐怖とは『ミッドサマー』 (C) 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.
太陽が沈まない地で描かれる恐怖とは『ミッドサマー』 (C) 2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved.

 「現代ホラーの頂点」とも評されたホラー映画『へレディタリー/継承』(2018)を手掛けた新鋭アリ・アスター監督の最新作が、『ミッドサマー』の邦題で、2020年2月に日本公開されることが明らかになった。公開時期に合わせてアスター監督も初来日する予定だ。

 『へレディタリー/継承』で家族をテーマにジャンルの枠を超えた恐怖を描き出し、長編監督デビュー作ながら、批評家筋から大絶賛されたアスター監督。新作『ミッドサマー』でもホラーの常識を覆し、太陽が沈まない夏至のスウェーデン奥地で行われる“90 年に一度の祝祭”で起きる惨劇を描く。

 家族を不慮の事故で失ったヒロイン・ダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人と5人でスウェーデンの奥地で開かれる祝祭を訪れる。美しい花々が咲き乱れ、太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。しかし、次第に漂う不穏な空気にダニーの心はかき乱されていき、悪夢へと迷い込んでいく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >