2019/10/14 14:15

綾野剛、孤独であることの本質を語る

その視線に射抜かれる……。 写真:日吉永遠
その視線に射抜かれる……。 写真:日吉永遠

 吉田修一による原作「犯罪小説集」に収められた短編を、『64−ロクヨン−』シリーズの瀬々敬久監督が映画化した『楽園』で、事件の容疑者で、孤独を抱えて生きる青年を演じた綾野剛が、“孤独であること”について語った。

 この映画で綾野は、孤独の中で心を閉ざし、悲劇的運命をたどる青年・豪士を鬼気迫るさまで演じるが、「僕自身、孤独を感じるのは当たり前だと思うんです。常に孤独に安定していますが、それは創作的な状態でもあって。何かを壊すにも生み出すにも、孤独はいいエサになっている気がします」と孤独をポジティブに捉えている。それは俳優としての経験に由来し、「よ~いスタート! と芝居が始まったら誰も助けてくれないし、オッケー! をもらったらそのまま世にさらされて歓声と罵声を浴びる対象になる。それは、圧倒的な孤独です」と俳優業の孤独さについて言い切った。

 「孤独を感じるのは、人に愛された経験があるからこそ」だと訴える。それだけにごまかしたり別の何かとすり替えたりする必要はないと言い、自身も「孤独は孤独のまま捉えます。僕は器用じゃないので」とあくまで潔い。周囲から抜きんでた存在であるスターと呼ばれる人に孤独はつきものなのかと思うが、「そういう人は周りに誰かがいて、自分を照らしてくれていることに気づいていないだけだと思います。僕はスターじゃない。役者ですから、そんなふうに感じたことはありませんけど」とかわしてみせた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >