2019/10/13 17:15

ベネディクト・カンバーバッチの新作にキルステン・ダンスト出演交渉

ベネディクト・カンバーバッチ、キルステン・ダンスト (左から)Rich Fury / Getty Images、Matt Winkelmeyer / Getty Images
ベネディクト・カンバーバッチ、キルステン・ダンスト (左から)Rich Fury / Getty Images、Matt Winkelmeyer / Getty Images

 映画『ピアノ・レッスン』などのジェーン・カンピオン監督が手掛ける新作映画『ザ・パワー・オブ・ザ・ドッグ(原題)/ The Power of the Dog』で、当初主演予定だったエリザベス・モスが降板し、代役としてキルステン・ダンストが出演交渉に入ったと、Deadlineほか複数メディアが報じた。

 本作は、Netflixが作家トマス・サヴェージの1967年の同名小説を映画化するもの。原作では1920年代米モンタナ州を舞台に、裕福な兄弟フィルとジョージ、ジョージと結婚した未亡人ローズを中心にしたストーリーが展開する。賢く冷酷なフィルと、気難しく温和なジョージが牧場を営む中で、ジョージが地元の未亡人ローズと極秘結婚したことから兄弟の関係に亀裂が生じていく。

 キャストは、フィル役をテレビシリーズ「SHERLOCK(シャーロック)」のベネディクト・カンバーバッチ、ジョージ役を映画『それでも夜は明ける』のポール・ダノが演じることになっている。

 本作は2021年に配信、劇場公開を予定している。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】ジェーン・カンピオン監督
キルステン・ダンストがハリウッド殿堂入り!星形プレート公開
ライアン・レイノルズ×マイケル・ベイ!12月配信&初映像も!
デ・ニーロ×パチーノ×ジョー・ペシ!マーティン・スコセッシ監督『アイリッシュマン』初映像
スカーレット・ヨハンソン、離婚がテーマの新作に「運命感じた」
顔面傷だらけ…「ブレイキング・バッド」映画版新予告に変わり果てたジェシー

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >