2019/10/13 22:05

マイケル・ファスベンダーの実録サッカー映画にエリザベス・モスが出演交渉

エリザベス・モス Rodin Eckenroth / Getty Images
エリザベス・モス Rodin Eckenroth / Getty Images

 テレビシリーズ「ハンドメイズ・テイル/侍女の物語」のエリザベス・モスが、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督が手掛ける新作映画『ネクスト・ゴール・ウィンズ(原題)/ Next Goal Wins』の出演交渉に入った。The Hollywood Reporter ほか複数のメディアが報じている。

 本作は、2014年に製作された英国のドキュメンタリー映画『ネクスト・ゴール!世界最弱のサッカー代表チーム 0対31からの挑戦』を、フォックス・サーチライトが長編映画化。10年以上もFIFAランキング最下位、2001年にはFIFA主催のW杯の予選で、オーストラリアに0対31という記録的大敗を喫したアメリカ領サモアの代表チームが、新たにオランダ人監督トーマス・ロンゲンを雇い、2014年ブラジルW杯の予選に挑むさまを描く。トーマス役にマイケル・ファスベンダーが決定している。

 なお、同作はイマジナリウム・プロダクションズのアンディ・サーキスらがドキュメンタリー映画の版権を獲得し、映画化の企画をワイティティ監督に持ち込んだことから始まった。 (細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【写真】タイカ・ワイティティ監督
ワイティティ監督『ジョジョ・ラビット』来年1月17日に日本公開!スカヨハら豪華キャストずらり
「ハンドメイズ・テイル」複数ノミネート 全米撮影監督協会賞テレビ部門
ロック様&ニック・フロスト&ジャック・ロウデンら出演!『ファイティング・ファミリー』11月日本公開
W杯の裏側に潜む移民労働者の真実を追ったドキュメンタリー、監督が現状を明かす
一般市民を殺した米軍の事件を映画化!軍隊トレーニングを受けた俳優陣

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >