楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/15 05:05

「深夜食堂」松岡錠司監督が語る映像の深み<撮影現場レポート>

「めしや」の前に立つ松岡錠司監督
「めしや」の前に立つ松岡錠司監督

 10月31日に配信が始まるNetflixオリジナルシリーズ「深夜食堂 -Tokyo Stories Season2-」の撮影現場取材会が4月に行われ、深夜ドラマとしてスタートして今シーズンで10年目を迎えた本作の松岡錠司監督が撮影の合間に取材に応じた。

 「深夜食堂」シリーズは安倍夜郎の同名コミックを小林薫主演で実写化し、2009年にドラマ第1弾が放送。2015年と2016年には映画が公開され、今作はNetflixオリジナルシリーズとなってから2シーズン目となる。小林演じるマスターが営む食堂「めしや」を舞台に、温かくも時に切ない人生模様を描いている。

 「深夜食堂」の撮影現場の特徴は、まるで本物の飲み屋街がそこに現れたかのように見事につくり込まれた巨大な美術セット。ただ、「めしや」は劇中に描かれている通り決して広いとは言えず、その中で松岡監督はカメラに映っていないキャストもふくめ細かな演出を伝えていた。撮影現場に置かれたホワイトボードには人物配置やカメラ位置が書き込まれ、カットが変わるタイミングで松岡監督はホワイトボードの前に戻り、台本をふくめ確認を重ねていた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >