2019/10/19 09:10

稲垣吾郎と二階堂ふみ、過激描写に躊躇なし!『ばるぼら』の手塚眞監督が激白【第32回東京国際映画祭】

独特の美学を持つ手塚眞監督。
独特の美学を持つ手塚眞監督。

 手塚治虫の異色漫画「ばるぼら」を、息子である手塚眞監督が稲垣吾郎と二階堂ふみの共演で実写化するにあたっての苦労と、過激描写に対する率直な思いを語った。

 稲垣ふんする異常性欲に悩まされる売れっ子小説家・美倉洋介が、二階堂ふんするばるぼらに出会うことで起きる不可思議な出来事を耽美的、かつ幻想的に描き出す物語で、過激な描写は避けられない。手塚監督も「やはり『ばるぼら』を映画にするからには当然そうなるでしょうし、逆にそうでなかったら作る意味がない」と感じていたという。だがそれだけに、映像作家として独特の美学を持つ手塚監督が、父・手塚治虫の作品を初めて映画化するという今回の意欲的なプロジェクトに興味を持つ俳優は多かったというが、やはり原作にある大胆な描写を前に、「興味はあるのですが、その場面だけは無理です」と二の足を踏む者も多かったというのは事実だった。

 しかしそれから紆余曲折があり、稲垣と二階堂のキャスティングが実現した。「お二人ともそこに関してはあまり躊躇がなかった。覚悟を持っていらしてくださった。これはもう賭けみたいなものでした。確かに脚本の文字だけを見れば、多少過激に見える部分もありますし、作品自体が非常に特殊な内容を持っている。ですから『ばるぼら』を好きじゃない方は絶対出ないだろうと思いました。ただ、興味を持っていただければ必ず良い結果にできると思っていた」と明かし、稲垣と二階堂から興味があると返事をもらった時は本当にうれしかったと当時を回想し、安堵の表情を浮かべた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >