2019/10/18 05:00

A.B.C-Z戸塚祥太「やすらぎの刻」出演!15歳から壮年期まで一人で演じ切る

戸塚祥太
戸塚祥太

 A.B.C-Zの戸塚祥太が、テレビ朝日系帯ドラマ劇場「やすらぎの刻~道」に出演することが決定した。あわせて、本作の脚本を手掛ける倉本聰の舞台「屋根2020」への出演も発表された。

 テレビ朝日開局60周年記念となる本作は、「やすらぎの郷」(2017)のその後の物語を描く。脚本家・菊村栄(石坂浩二)ら“テレビ人”たちが入居する老人ホーム「やすらぎの郷」の人間模様、そして、根来公平(風間俊介/橋爪功)と妻・しの(清野菜名/風吹ジュン)夫妻の一代記を綴る「道」という2つの世界が絶妙なバランスで描かれる。

 11月からは「道」パートが平成の時代に突入し、戸塚ふんする公平としのの孫である克夫が登場する。克夫は、山梨に残った両親のもと、実家の農業を手伝い、祖父母や従兄弟たちのことも気にかける純朴でやさしい孫。15歳の少年期から壮年期まで、約30年間におよぶ克夫の人生を戸塚一人で演じる予定だ。戸塚にとって倉本作品への出演は初めてであり、ひとりの人物の半生を演じ抜くのも初となる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >