2019/10/21 15:25

岡田健史、連続ドラマ初主演にプレッシャーなし

岡田健史、さわやかすぎてまぶしい
岡田健史、さわやかすぎてまぶしい

 昨年放送されたドラマ「中学聖日記」(TBS系)で鮮烈デビューし注目を浴びる岡田健史が20日、AbemaTVオリジナルドラマ「フォローされたら終わり」の制作発表会見に出席。岡田は、本作が連続ドラマ初主演となるが「ネガティブなプレッシャーはまったく感じませんでした」と語る一幕があった。この日のイベントには、共演の小川紗良、中尾暢樹、松大航也、犬飼貴丈、ゆうたろうも登壇した。

 本作は、本人の意図しないところで自分の秘密が世界中にあらわになってしまう、実態の見えないSNSのダークサイドを描き出すサスペンス。高校の仲間たち9人は社会人となり、結婚を控えた仲間の一人を祝うために集まるが、その席で話題になったあるアカウントをフォローしたことから、悲劇を経験する。岡田は、主人公の仲村壮太郎にふんする。

 連続ドラマ初主演として、本作に挑んだ心境を聞かれた岡田。「主演だからといって、こうしようとか、こうしなきゃというような気負いや、ネガティブなプレッシャーはまったく感じませんでした」と答えた後、「壮太郎がどういう人間なのか、主役としてどう振る舞うかを考えて、みんなの核として太い柱になれればいいと思っていました」と、力強くコメントした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >