楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/18 22:02

修正指示を拒否し助成金を返還 釜ヶ崎の現実を映す『解放区』監督の信念

「後世にとって、とてもいい資料」酒井隆史氏と太田信吾監督
「後世にとって、とてもいい資料」酒井隆史氏と太田信吾監督

 17日、大阪・釜ヶ崎に流れ着いた若者の姿をドキュメンタリータッチで描いた映画『解放区』が、京都市で開催中の「京都国際映画祭2019」内で上映され、都市研究学者で大阪府立大学教授の酒井隆史氏と、太田信吾監督がトークイベントに登壇。当初、助成金を得て作られた本作への行政からの修正指示と、それを拒否した経緯について語った。

 2014年に、映像制作者の支援と映像文化の発信を目的とした助成金の対象となり制作された本作。完成後は大阪アジアン映画祭での上映が予定されていたが、完成後に、大阪市(担当機関及び担当者)から、舞台となっている大阪市西成の釜ヶ崎(あいりん地区)の描写方法に対して修正指示が出る事態となり、太田監督はそれを拒否。映画祭での上映を辞退し、助成金も返還。2014年から5年の時を経て、ようやく公開を迎えた。

 観客と共に映画を鑑賞した酒井氏は、「あまりにも衝撃的な内容で、話そうと思っていたことが全部吹き飛んでしまった。太田さん、あなたはすごすぎます!」と激賞。「脚本がよく(審査に)通りましたね」という酒井氏に、「僕もびっくりしました」と答えた太田監督は「でも、脚本も企画も通ってOKが出たにも関わらず、出来上がった後で修正依頼がきた」と説明。具体的な修正内容も「西成の描写やドラッグの描写、統合失調症という病気の描写、“どん底”という言葉もダメでした。この全てを修正したら、作品の意味がなくなってしまう。それでお断りすることにしました」と明かす。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >