2019/10/22 07:00

井上真央主演で富山の米騒動を映画化 日焼け姿で漁師の女房に

井上真央
井上真央

 女優の井上真央が、1918年(大正7年)富山県の海岸部で発生した「米騒動」に基づく映画『大コメ騒動』(読み:ダイコメソウドウ)で主演を務めることが決定した。米の価格高騰から起きた事件を、女性たちを中心に描く物語で、井上は日焼けした姿で漁師のおかか(女房)にふんする。井上が実写映画で主演を務めるのは2014年公開の『白ゆき姫殺人事件』以来となり、2007年公開の映画『ゲゲゲの鬼太郎』に続いて本木克英監督と2度目のタッグを組む。今月26日より富山県富山市内でクランクインし、2021年の公開を予定している。

 本作は、米の価格高騰に頭を悩ませる漁師のおかかたちが困窮を極め、ある事故をきっかけに行動を起こすさまを描く。現在、『男はつらいよ』シリーズの主人公・車寅次郎の少年時代を描くNHKドラマ「少年寅次郎」が放送中の井上が、久々の映画主演作では、農家から浜に嫁ぎたくましく成長していく主人公・松浦いとを演じる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >