楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/27 20:30

サム・ライミが10年ぶりホラー映画を監督

サム・ライミ監督 Samir Hussein / Getty Images
サム・ライミ監督 Samir Hussein / Getty Images

 映画『死霊のはらわた』『スパイダーマン』シリーズなどで知られるサム・ライミ監督が、約10年ぶりにホラー映画のメガホンを取ることが決定したと、The Hollywood Reporter など複数メディアが報じている。

 本作は、コロンビア・ピクチャーズが企画しているホラー作品で、脚本は、映画『13の金曜日』を手掛けたマーク・スウィフトとダミアン・シャノンが、彼らのオリジナルアイデアを基に執筆している。ライミ監督は、自身のプロダクション、ライミ・プロダクションズのもと製作も担当することになっている。

  今回の決定についてライミ監督は「コロンビア・ピクチャーズと再会し、サンフォード・パニッチやアンジュ・ジャネッティらと再タッグを組めることに興奮している。僕はずっと、脚本家ダミアン・シャノン、マーク・スウィフトのファンで、世界と共有する完璧な冒険を見つけました」とコメントしている。

 ライミにとってホラー映画のメガホンを取るのは、2009年の『スペル』以来となる。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

【関連情報】
【作品写真】サム・ライミ製作スリラー『クロール −凶暴領域−』
『IT/イット』金ローで地上波初放送!恐怖のピエロがテレビに登場
『シャイニング』みたい…40年後の『ドクター・スリープ』新ビジュアル
ジェームズ・ワン監督、ホラー回帰のオリジナル新作を企画
「死霊のはらわた」テレビ版、シーズン3で終了
『ヴェノム』続編、悪役シュリーク役は007マネーペニー女優か

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >