楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/26 13:10

高杉真宙、意外なダークサイドを告白

意外とサボり上手!? - 高杉真宙
意外とサボり上手!? - 高杉真宙

 俳優の高杉真宙が26日、都内で行われた映画『超・少年探偵団NEO -Beginning-』公開記念舞台あいさつに登壇し、意外なダークサイドを打ち明けた。

 本作は、江戸川乱歩の小説「少年探偵団」シリーズを原案にした、少年探偵団初代団長・小林少年のひ孫が主人公の学園ミステリー。主人公が親友や明智小五郎のひ孫、ミステリー同好会の学生らと一緒に謎解きに挑む。この日は、佐野岳、堀田真由、長村航希、板垣瑞生、前田旺志郎、芦塚慎太郎監督、怪人二十面相も来場した。

 初めてミステリー同好会のメンバーが一堂に会したイベントに、高杉は「うれしいですね。みんなスーツ着ていて、同窓会に来たのかな? と思うくらい変な感じがしました」と笑顔。撮影は2年前だが、佐野も「今日もすごい久しぶりだったけど、速攻であの日々に戻れました」と喜んだ。

 作品にちなみ、ダークな一面を尋ねられると、前田は「ないよ、真宙くんは。メチャクチャいい子なんですよ。ダークサイドなんてないし、あっても聞きたくないですし」と発言をブロック。そんな前田の愛を感じつつ、高杉は「部屋から出られない」と答えるが、監督から「ダークサイドっていうか、通常がそれでしょ」とツッコまれ、再度考えることに。その後、高杉は「サボるのが上手。小っちゃい頃から弟二人に家事させて、僕一人サボってるけど、それがバレず、しかも“僕やってますよ感”出してサボれるんですよ」と告白。意外なずる賢さを暴露してファンを驚かせた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >