2019/10/24 04:00

三谷幸喜『記憶にございません!』興収33億円突破!台湾でプレミア

動員は260万人突破! (C) 2019フジテレビ 東宝
動員は260万人突破! (C) 2019フジテレビ 東宝

 三谷幸喜がメガホンを取った政界コメディー映画『記憶にございません!』が22日時点で動員260万人、興行収入33億円を突破した。現地時間18日、19日には同作の最初の海外公開地となる台湾でプレミア上映会とティーチインが実施され、三谷監督が参加してファンとの交流を楽しんだ。

 三谷監督によるオリジナル脚本の本作は、病院のベッドで目覚めた記憶をなくした男(中井貴一)が、病院を抜け出して見たテレビで、自分が石を投げられるほど国民から嫌われている総理大臣・黒田啓介だと知ることから巻き起こる物語。東宝の発表によると海外からの配給オファーも届いており、韓国からはリメイクオファーもあるという。

 台湾のプレミア上映会の会場は満席となり、笑い声の多さは上映中の様子を見た三谷監督が驚いたほど。三谷監督は舞台あいさつで「映画館の中から聞こえてくる笑い声の大きさは日本の映画館以上かもしれません(笑)。次も必ず、皆さんに楽しんでもらえるような映画を作って、またここに戻って来たいと思います」と宣言し、集まった多くの観客に感謝した。

 映画を観た現地の40代女性は「ずっと楽しくて、笑いすぎてお腹が痛かった。ジェットコースターに乗っているみたいで楽しかった」とコメント。「とてもいい作品を作ってくれてありがとうございます! 一週間明るい気分で入られます!」と感想を述べる20代女性の姿もあった。(数字は配給調べ)(編集部・海江田宗)

【関連情報】
【動画】三谷幸喜×中井貴一!映画『記憶にございません!』予告編
パッと見わからない!『記憶にございません!』変貌ぶりに驚き
『記憶にございません!』中井貴一 単独インタビュー
『天気の子』北米プレミアが大盛況!新海誠監督にコアな質問飛びまくり【Q&A全文】
中井貴一&佐藤浩市、同時代を駆け抜けた盟友を称え合う
色気すごい!ディーン・フジオカ『記憶にございません!』首相秘書官が話題

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >