2019/10/25 16:01

災害が頻発するいま、復興過程の映像記録の重要性訴える

シンポジウムに参加した(写真左から)メディア論・表象文化論研究者の門林岳史、社会学・同時代史研究者の相川陽一、ホアン・シューメイ監督、台湾国際ドキュメンタリー映画祭プログラム・ディレクターのウッド・リン、小森はるか監督。 (撮影:中山治美)
シンポジウムに参加した(写真左から)メディア論・表象文化論研究者の門林岳史、社会学・同時代史研究者の相川陽一、ホアン・シューメイ監督、台湾国際ドキュメンタリー映画祭プログラム・ディレクターのウッド・リン、小森はるか監督。 (撮影:中山治美)

 先ごろ開催された第16回山形国際ドキュメンタリー映画祭の震災プログラム「ともにある Cinema with Us」内で、「災害とともに生きる ~ 台湾と日本、継続する映像記録運動」と題したシンポジウムが開催された。会期中には台風19号が各地で猛威を震って甚大な被害をもたらし、登壇者の一人である長野大学環境ツーリズム学部の相川陽一准教授が避難所から山形入り。災害が頻発する現代において、同プログラムを継続して行うことの重要性を印象付けた。

 同映画祭では東日本大震災が起こった2011年(第12回)にスタート。今回は日本同様に自然災害の多い台湾との共同企画で、台湾からは『台湾マンボ』(2007)などのホアン・シューメイ監督と、台湾国際ドキュメンタリー映画祭プログラム・ディレクターのウッド・リンが、陸前高田や仙台を拠点に映像制作を行っている『二重のまち/交代地のうたを編む』(2019)の小森はるか監督らが登壇した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >