2019/10/26 06:00

SixTONES田中樹、高校生役は「できる限り粘りたい」

『ブラック校則』ビジュアル (C) 2019日本テレビ/ジェイ・ストーム
『ブラック校則』ビジュアル (C) 2019日本テレビ/ジェイ・ストーム

 SixTONESの田中樹が、出演する映画『ブラック校則』(11月1日公開)の撮影の裏側を語り、24歳で高校生を演じることについて「できる限り粘りたい」と胸の内を明かした。

 Sexy Zone の佐藤勝利が主演を務め、King & Prince の高橋海人が共演する本作は、生徒たちを過剰に縛り付ける“ブラック校則”に異を唱える2人の高校生の青春を描く。高校生の創楽(佐藤)と中弥(高橋)は、“ブラック校則”によって不登校となり、退学に追い込まされそうになる転校生・希央(モトーラ世理奈)を救おうとするが、教師や不良グループのリーダーで生徒会副会長のミチロウ(田中)らが立ちはだかる。

 24歳で高校二年生を演じることについて田中は聞かれると、「制服まだいけんのかな? って思いました」と笑い、「できる限りは粘りたいな、と(笑)。まだすがっていきたい。これから何年先かはわからないですが、限界がいずれくると思うので。制服はもうお仕事でしか着れないので、できるまで着ていきたいなと思いますね(笑)」と本作が最後の制服姿となることは否定した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >