楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/28 21:06

山田洋次、八千草薫さんは日本人の憧れだった【第32回東京国際映画祭】

八千草薫さんをしのんだ山田洋次監督
八千草薫さんをしのんだ山田洋次監督

 山田洋次監督が28日、EXシアター六本木にて行われた第32回東京国際映画祭オープニング作品である『男はつらいよ お帰り 寅さん』の上映舞台あいさつに登壇。『男はつらいよ』シリーズ第10作目の『男はつらいよ 寅次郎夢枕』(1972)でマドンナを演じ、本作にも当時の映像として出演している八千草薫さんが24日に88歳で亡くなったことについて追悼のコメントを述べた。イベントには倍賞千恵子、吉岡秀隆、後藤久美子、前田吟、夏木マリ、浅丘ルリ子も出席した。

 『男はつらいよ お帰り 寅さん』は、『男はつらいよ』シリーズ50作目にして22年ぶりの最新作。渥美清さん演じる車寅次郎、通称寅さんの甥っ子の満男(吉岡)と満男の高校の後輩にあたるイズミ(後藤)が久々の再会を果たすことから起こる物語が描かれる。

 つい先ほど八千草さんの訃報を聞いたという山田監督は「僕たち世代の日本人にとっては、八千草さんは若いころから憧れの人でした」と語ると「これから観ていただく映画のなかにも、いまから47年前の八千草さんのとても美しいクローズアップが入っています。その映像を観てみなさんもお別れを言ってください」と故人をしのぶ。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >