2019/11/03 20:24

役所広司、怪我&あざだらけ 27時間吊るされっぱなし【第32回東京国際映画祭】

共演者やスタッフが役所広司を絶賛
共演者やスタッフが役所広司を絶賛

 俳優の役所広司が3日、TOHOシネマズ六本木ヒルズほかで開催中の第32回東京国際映画祭・特別招待作品『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』(11月15日公開)のワールドプレミア&舞台挨拶に出席。プロデューサーのテレンス・チャンをはじめチャン・ジンチュー、リン・ボーホン、ユー・フェイ監督から俳優としての姿勢を絶賛されると「たくさん褒められて嬉しいです」と満面の笑みを浮かべた。

 本作は、『レッドクリフ』シリーズや、『M:I-2』などを手掛けたテレンス・チャンが製作を務める標高8,848メートルを誇る世界最高峰のエベレストを舞台にした山岳アクションアドベンチャー映画。役所は“ヒマラヤの鬼”と呼ばれる救助隊「チーム・ウィングス」の隊長ジアン・ユエシュンにふんし、派手なアクションシーンなど身体を張った芝居を見せている。

 映画では登山服を着た無骨な男を演じている役所だが、この日はビシッとしたスーツを身にまとい、ジンチューをエスコートしながらブルーカーペットを降壇。司会者から撮影でのエピソードを聞かれた役所は「ワイヤーアクションに初めて挑戦し、体中があざだらけになるなど、怪我もたくさんしました」とハードな撮影だったことを明かすと、ジンチューも「本当に過酷で、役所さんは27時間ずっとワイヤーに吊るされての撮影もあったんです」と裏話を披露。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おおらかな気持ちで楽しく過ごせそう。アフター5はグルメマッ...もっと見る >