2019/11/01 19:52

笠松将「花と雨」SEEDAとの深夜ドライブが大きな励みに【第32回東京国際映画祭】

(左から)大西礼芳、笠松将、土屋貴史監督
(左から)大西礼芳、笠松将、土屋貴史監督

 日本のヒップホップ界で歴史的名盤といわれるSEEDAの同名アルバムを原案とした映画『花と雨』のワールドプレミア上映が、開催中の第32回東京国際映画祭で1日に行われ、主演の笠松将がSEEDAとの深夜ドライブエピソードを披露した。

 同映画祭の日本映画スプラッシュ部門正式出品作である本作は、SEEDAのアルバム「花と雨」を原案に彼の自伝的なエピソードも交えつつ、何者かになりたい一人の青年が葛藤しながら成長する姿を描く。SEEDA自身が音楽プロデュースを手掛け、東京を代表するMC・仙人掌が演技指導を担当していることも注目だ。

 向こう意気の強さと脆い雰囲気で主人公の吉田を熱演した笠松は、仙人掌の指導でラップにも初挑戦したといい、「もともとラップは好きで、好きなアーティストもたくさんいたし、歌える曲もあったので難しくないだろうと思っていたんですけど、実際それをやるとなると大変でした」と照れくさそうに回顧。「曲を聞き込んで歌詞も読んで、仙人掌さんにマンツーマンで教えてもらったんですけど、初めて曲を録った時は本当にひどい出来で……。そこから焦って練習したんですけど、100点にまではいかなかった。奥が深い音楽だなって思いました」とラップ初挑戦の感想を述べた。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

やる気と根性がある日。何事も逃げずに、正面から立ち向かうと...もっと見る >