2019/11/01 18:32

『ターミネーター』最新作、キャメロンと監督が編集過程で衝突

かなり期待ができそうな『ターミネーター:ニュー・フェイト』 Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
かなり期待ができそうな『ターミネーター:ニュー・フェイト』 Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 映画『ターミネーター2』(1991)の正統続編『ターミネーター:ニュー・フェイト』をプロデュースしたジェームズ・キャメロンは、シリーズの生みの親として、制作過程でも重要な役割を果たしていたようだ。現地メディア向けの合同インタビューの発言をCINEMABLENDが報じた。

 キャメロンは現在、自身の大ヒット作『アバター』(2009)続編撮影の真っ最中。多忙もあってか、ティム・ミラー監督がメガホンを取った『ニュー・フェイト』のセットを訪れることはなかったという。「だから、新キャストにも面と向かって会ったことはないんだ。だが、脚本作業と編集作業には深くかかわった。私にとって、編集は脚本の延長にあるものだからね」

 そのうえで『ニュー・フェイト』の初期ラフカットをチェックした際に「かなり雑で単調」に感じたというキャメロン。その後に変更が加えられたものの、プロデューサーのデヴィッド・エリソンとミラー監督の3人で、そこから「最高の映画」を取り出す作業にとりかかったという。「かなり不必要な道筋をたどっていると感じたんだ。僕は編集者でもあるから、幅広い範囲にわたって、具体的なメモを彼らに渡した」

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >