2019/11/05 18:17

『ターミネーター』新作、首位デビューも苦戦【全米ボックスオフィス考】

『ターミネーター:ニュー・フェイト』より Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ
『ターミネーター:ニュー・フェイト』より Paramount Pictures / Photofest / ゲッティ イメージズ

 先週末11月1日~11月3日の全米ボックスオフィスランキングが発表され、『ターミネーター2』の正当なる続編として制作された映画『ターミネーター:ニュー・フェイト』(シリーズ通算6作目)が興行収入2,903万3,832ドル(約32億円)で首位デビューを果たした。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 アーノルド・シュワルツェネッガーがT-800役を務めるだけでなく、リンダ・ハミルトンがサラ・コナー役で、シリーズの生みの親であるジェームズ・キャメロンが製作として戻ってきた本作。首位は死守したものの、不振に終わったシリーズ5作目『ターミネーター:新起動/ジェニシス』のオープニング興収(2,701万8,486ドル・約30億円)とほとんど変わらない興収しか上げられず、苦戦している。Varietyによると製作費は1億8,500万ドル(約204億円)であり、ここから驚異的な巻き返しを見せない限り1億ドル(約110億円)の損失になりそうだという。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >