楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/05 18:47

マーティン・スコセッシ『ジョーカー』への参加を真剣に検討していた

スコセッシが製作していたかも? 大ヒット中の『ジョーカー』 Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ
スコセッシが製作していたかも? 大ヒット中の『ジョーカー』 Warner Bros. / Photofest / ゲッティ イメージズ

 マーベル映画に対する発言でも話題となった名匠マーティン・スコセッシが、日本でも大ヒット中の映画『ジョーカー』の製作に携わることを真剣に検討していたと、BBC のインタビューで明かした。

 トッド・フィリップスが脚本・監督を務めた『ジョーカー』は、スコセッシが監督した『タクシー・ドライバー』(1976)や『キング・オブ・コメディ』(1983)から、多大な影響を受けている。2017年に『ジョーカー』の企画が明らかになった際には、スコセッシがプロデューサーとして参加するとDeadlineなどが報じていたが、後に彼の名前は消えてしまった。

 『ジョーカー』への参加についてスコセッシ監督は「4年にわたって『ジョーカー』についてかなり深く検討した」と発言。だが、時間がないことを理由に参加を断念したという。最終的に『ジョーカー』には、『ウルフ・オブ・ウォールストリート』(2013)、『ヒューゴの不思議な発明』(2011)などでスコセッシと組んだ、映画プロデューサーのエマ・ティリンジャー・コスコフが参加。とはいえ、スコセッシも『ジョーカー』の脚本については「よく知っている」といい、非常にパワフルな作品で、フィリップス監督は「驚くべき仕事をした」と語った。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >