2019/11/06 07:00

佐藤浩市×西島秀俊×石田ゆり子共演 「アンフェア」原作者がイブのテロ描く小説を映画化

上段左から石田ゆり子、佐藤浩市、西島秀俊 下段左から井之脇海、中村倫也、広瀬アリス、勝地涼
上段左から石田ゆり子、佐藤浩市、西島秀俊 下段左から井之脇海、中村倫也、広瀬アリス、勝地涼

 ドラマ「アンフェア」シリーズや「ドラゴン桜」などの脚本家、小説家として知られる秦建日子(はた・たけひこ)の小説「And so this is Xmas」が、佐藤浩市主演、石田ゆり子、西島秀俊の共演により映画化されることが6日、明らかになった。ジョン・レノンの名曲「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされた物語で、クリスマス・イブの東京で勃発した連続爆破テロ事件を描く。ドラマ・映画「SP」シリーズの波多野貴文監督がメガホンを取り、その他キャストに中村倫也、広瀬アリス、井之脇海、勝地涼ら。クランクアップは12月下旬、公開は2020年冬予定。

 本作は、2016年に発売された原作に基づき、連続爆破テロ事件でパニックに陥る日本を舞台に、事件に巻き込まれていく登場人物たちのさまざまな思惑が交錯するクライムサスペンス。キャストの役柄は明かされていないが、主演の佐藤は「戯曲を映像化する面白さと難しさがある作品です。エンターテイメント作品としての高揚感をキープしつつ、喉元にはある異物感を感じて貰う。そんな作品にするために波多野監督以下スタッフキャストで撮了まで走りたいと思います」と意気込みを語る。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情の浮き沈みが激しい今日のあなた。大げさに考えすぎかも。...もっと見る >