2019/11/06 23:02

望月衣塑子記者に「恐怖を乗り越えるには?」 学生から質問相次ぐ

達也監督の新作『i−新聞記者ドキュメント−』パネルディスカッションに登壇した望月記者
達也監督の新作『i−新聞記者ドキュメント−』パネルディスカッションに登壇した望月記者

 オウム真理教を題材にした『A』やその続編『A2』、ゴーストライター騒動の渦中にあった佐村河内守を題材にした『FAKE』などで知られる森達也監督の新作『i−新聞記者ドキュメント−』(11月15日公開)のパネルディスカッションが6日、明治大学駿河台キャンパスで開催。森監督と、本作に出演する東京新聞社会部記者の望月衣塑子(もちづき・いそこ)が登壇した。

 本作は、今年6月に公開された映画『新聞記者』の原案となった著書を執筆したことでも知られる望月衣塑子記者の姿を通し、日本の報道の問題点、ジャーナリズムの地盤沈下、日本社会が抱える同調圧力や忖度の正体に迫るドキュメンタリー。会場には明治大学の学生たちが多く集まり、Q&Aの際には学生から望月記者や森監督に対し、現代の日本メディアが抱える問題点に対しさまざまな質問が飛んだ。

 ある学生が望月に「SNSを通じて政治について発信することで、バッシングされるのではないかと恐怖がある。(政治的発信をしてバッシングされることへの)恐怖の乗り越え方は?」と質問すると、望月は「わたしが会見などに乗り込んでいくようになったのは今の政権や官邸に対して怒りが先走っていたから。その後、どんなバッシングが来るかは想像していなかった」と自身の体験を振り返りながら回答。

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

焦らずのんびりいこう。プライベートの充実に力をいれると吉。...もっと見る >